美術館
概 要
展覧会
案 内
年 間
スケジュール
利 用
案 内

青木三四郎《MEMORY》2000、野上公平《燦燦》1995
写真提供=十日町石彫シンポジウム実行委員会

十日町石彫プロムナードの作家たち2018

青木 三四郎  野上 公平

【同時開催】

日本刀の変遷② 新刀・新々刀編

2018年 6月8日(金)~7月22日(日)

1995年から2014年まで20年にわたり開催された「十日町石彫シンポジウム」の参加作家を紹介するシリーズ展も今年で5回目となりました。今回は、野上公平(1934-2015)と青木三四郎(1947-)の作品を展覧いたします。
野上は塩沢町(現 南魚沼市)に生まれ、教職の傍ら創作に励み、二科会や新潟県美術家連盟など県内外で活躍しました。十日町石彫シンポジウムには第1回に参加し、その後も地元作家の育成など多方面で活動を続けましたが、惜しくも2015年に逝去されました。今展は、初期木彫作品から展覧し、小さな遺作展といたします。
あわせて、子どもや動物たちが通わせるやさしい眼差しが魅力的な青木の作品も、石彫とテラコッタを交えて展覧いたします。工程のほとんどを機械を使わず自らの手で行うという作品には、ほのかなぬくもりが感じられます。
それぞれの作品世界を、ぜひお楽しみください。

7月14日(土)14時より
青木三四郎さんと藤巻秀正さんのギャラリートーク開催
*** 終了しました ***

小展示室では、安土桃山時代末の慶長年間(1596~)から始まる新刀期と、その後の江戸時代後期の天明年間(1781~)から明治9年(1876)廃刀令発布までの新々刀期に作られた刀剣10口を館蔵品より展覧いたします。
豊臣秀吉による天下統一が新時代をもたらし、刀工たちもまた賑わう城下町に集い、ともに腕を競いつつ独自の個性を表出させるようになりました。太平の世を経て再び動乱へ向かう時代、刀剣の姿も変化していきます。


会 期 2018年 6月8日[金]~7月22日[日]
開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日 火曜日(祝日の場合は翌日)
冬期間(12月~3月)
※展示替え等による臨時休館あり
入 館 料 一般500円、小・中学生200円

7月14日(土)14時より
《石彫プロムナードの作家たち2018》ギャラリートーク開催


出品作家の青木三四郎さんと、彫刻家で元 十日町石彫シンポジウムコーディネーターの藤巻秀正さんに当時の思い出を交えてお話いただきます。
※入館料が必要です。

 
*** 終了しました。たくさんのご来館ありがとうございました。 ***


星襄一《三本の木と赤い空》1974 木版画

星と森の詩コレクション展

【同時開催】

日本刀の変遷③ 現代刀編

2018年 7月27日(金)~9月24日(月・祝)

今年、星と森の詩美術館は開館22年を迎えました。開館以来培ってきた多くの作家や関係者の皆さまとの交流により、個性的なコレクションを育んでまいりました。
今回は、当館コレクションの中心となっている星襄一(1913-79:木版画)、天田昭次(1927-2013:日本刀)、藤巻秀正(1937-:彫刻)のほかに、圓鍔勝三(1905-2003:彫刻)や中山正(1927-2014:木版画)の作品も交えて展覧いたします。それぞれの感性で表現されるいのちの輝き、選りすぐりの「星と森の詩コレクション」で、ぜひお楽しみください。

 
中山正《青い蝶》1978 木版画、藤巻秀正《越後瞽女》1979 ブロンズ

小展示室では、3会期にわたって開催してきた「日本刀の変遷」の第3弾、現代刀編を開催いたします。日本刀は、その製作技術が確立した平安時代中期から現在にいたるまで、実に1000年を超える歴史のなかで日本独自の文化の一端を担ってきました。第2次大戦後、武器ではなく美術工芸品として日本刀を製作することが認められ、現代刀の歴史が始まりました。
今展では、重要無形文化財「日本刀」技術保持者(人間国宝)の月山貞一(1907-95)、隅谷正峯(1921-98)、天田昭次をはじめ、月山貞利(1946-)、大野義光(1948-)、宮入小左衛門行平(1957-)の作あわせて約10口こちらも館蔵品より展覧いたします。


天田昭次《七星剣》1995 大刀(直刀)


会 期 2018年 7月27日[金]~9月24日[月・祝]
開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日 火曜日(祝日の場合は翌日)
冬期間(12月~3月)
※展示替え等による臨時休館あり
入 館 料 一般500円、小・中学生200円