美術館
概 要
展覧会
案 内
年 間
スケジュール
利 用
案 内

左:藤巻秀正《朔北の人》1995 中津川安山岩[十日町駅西口]
右:酒井良《フキノトウ》1999 花崗岩[十日町市駅通り]
写真提供:十日町石彫シンポジウム実行委員会

開館25周年

十日町石彫プロムナードの作家たち2021

2021年 6月 11日(金)~ 8月 1日(日)

現在、十日町市内の通りや街角で目にする多くの石の彫刻作品は、「十日町石彫シンポジウム」(1995-2014年開催)において制作された作品です。猛暑の夏にも豪雪の冬にも耐え、すっかり街の風景に溶け込んで十日町を特徴づける景観のひとつにもなっています。
当館では、実に86点にもおよぶその作品群を作り出した作家一人ひとりにスポットを当てご紹介するシリーズ展「十日町石彫プロムナードの作家たち」を、2014年から毎年開催しております。今回は、十日町石彫シンポジウムを提唱し、自ら作家として参加しながらも20年にわたってコーディネーターを務めた藤巻秀正(1937-)と、一貫して石と向き合い石から湧き上がるイメージを彫り出し、石ならではの表現で温もりを感じる作品作りを続けている酒井良(1950-)の2人展となります。ぜひご高覧ください。
十日町石彫プロムナードの作家たち 2021 チラシ


藤巻秀正《雪原に発つ ー19ー》2019 クス

酒井良《時を刻むⅡ》1990 黒御影石、《声援》1999 黒御影石・大理石

昨年に引き続き、今年の石彫展も新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、会期中のギャラリートークの開催は見送らせていただきました。
会期前に藤巻先生と、酒井先生にはお電話を繋いで、地元紙の皆様に向けて開催内容の発表をさせていただきました。内容はこちらからご覧いただけます。

会  期  2021年 6月11日(金)~8月1日(日)
開館時間  9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日  火曜日
入 館 料  一般500円、小・中学生200円