美術館
概 要
展覧会
案 内
年 間
スケジュール
利 用
案 内


鈴木武右衛門《故郷の遠き山の呼び声》1997 花崗閃緑岩・白雲母花崗岩・漆・金箔
酒井良《フキノトウ》1999 花崗岩 写真提供=十日町石彫シンポジウム実行委員会

鈴木武右衛門・酒井良 2人展

十日町石彫プロムナードの作家たち2024

2024年 6月7日(金)~ 7月28日(日)

現在、十日町市街地の通りや街角で目にする多くの石の彫刻作品は、1995~2014年の20年にわたり開催された「十日町石彫シンポジウム」で、制作・設置された作品です。猛暑の夏にも豪雪の冬にも耐え、すっかり街の風景に溶け込み、十日町を特徴づける景観のひとつとなっています。
2014年以来、当館にて開催しているシリーズ展「十日町石彫プロムナードの作家たち」、今回は同級生による2人展といたしました。
鈴木武右衛門(1949-2014)と酒井良(1950-)は大学で出会って以来、ともに石と向き合い、互いに切磋琢磨して制作に励んできました。鈴木の緊張感をはらんで大胆かつ繊細に構成されたフォルムと、石と対話しながら石から湧き上がるイメージを彫り起こす酒井の造形。
鈴木の没後10年となる本年、親友同士初めての2人展となります。それぞれの魅力あふれる作品をぜひお楽しみください。

酒井良さんと鈴木武右衛門さんご家族の石彫展ギャラリートーク開催

  日時:7月6日[土] 14:00~ 会場:星と森の詩美術館 展示室
     ※入館料が必要です

【同時開催】

刀匠 天田昭次・收貞 兄弟展


前列:昭次師(左)、收貞師(右)
写真提供=刀剣伝承館 天田昭次記念館(2001年撮影)
刀匠 天田昭次(あまた・あきつぐ:1927-2013)師は、日本刀の最高峰といわれる鎌倉時代後期の刀剣の地鉄に魅せられ、その煌めきを追い求め生涯をかけて自家製鉄の研究を続けました。
幾多の苦難を共に乗り越えたのが、実弟で弟子でもある收貞(かねさだ:1933-)師であり、遂には昭次師の重要無形文化財「日本刀」技術保持者認定の栄誉へと繋がりました。それは昭次師のたゆまぬ努力もさることながら、收貞師の惜しまぬ協力と支えなくしては、遂げられなかったものかもしれません。
今展では昭次師の作と、作刀数が多くない收貞師の作をそれぞれ展覧いたします。
《鈴木武右衛門・酒井良 2人展》《刀匠 天田昭次・收貞 兄弟展》チラシ

会  期  2024年 6月7日[金]~7月28日[日]
開館時間  9:30~17:00(入館は16:30まで)
休 館 日  火曜日
入 館 料  一般500円、小・中学生200円
 ※障がい者手帳(ミライロID含む)提示で各100円引

酒井良さんと鈴木武右衛門さんご家族の石彫展ギャラリートーク開催

日時:7月6日[土] 14:00~  会場:星と森の詩美術館 展示室
※入館料が必要です