美術館
概 要
展覧会
案 内
年 間
スケジュール
利 用
案 内

2019年 4月1日(月)~6月2日(日)


星襄一《大樹》1974 木版画

没後40年 星襄一 木版画展

みんなで選ぶ マイベスト オブ 星襄一

【同時開催】

館蔵刀剣展 時代にみる備前伝

“樹”の木版画家として知られる星襄一(1913-79)がこの世を去って、40年となります。星は20年余りの決して長いとは言えない制作期間のなかで、独自の道を模索しながら約400点もの作品を残しました。
本展では、星が生前から取り組んでいた『星襄一自選作品集』から約40点の作品を展覧し、来場者からそれぞれの「マイベスト オブ 星襄一」を投票していただきます。生前の星をご存知の方も、今回初めて星に出会う方も、今なお鮮やかさを失わない星作品をぜひお楽しみください。

小展示室では、古刀期/新刀/新々刀期/現代の各時代に表された“備前伝”を館蔵品から展覧いたします。

《 みんなで選ぶ マイベスト オブ 星襄一 》投票結果

期間:2019年4月1日~6月2日  回答数:241名


1 陽(林)
  1978   得票数:22票
木々の間から陽が差し込み、幹や枝が照らされているのが、赤・青・黄などカラフルな色を使って表現されていて不思議なあたたかい気持ちになりました。(県外 女性 20代)

日の光を浴びた林 一本一本が違う色合いに描かれていて、その色の使い方がとても好みであった。また他の作品とまた違った明るいはっきりとした色が印象に残った。(長岡市 女性 10代)


2 三本の木と赤い空
  1974   得票数:20票

空が色々な色でかかれてあってきれい 木だけしかかかれてないのに、まとまりなどあり好きだと思った。(南魚沼市 女性 10代)

三本の木が夕焼けをバックに親子のようにすくっと立っている。親しみと神秘性を感じる。(新潟市 男性 70歳以上)


3 梢(星)
  1976   得票数:15票

木々の間から見える星達、ひらけた場所で見る星よりずっと遠い宇宙が見えているように感じられます。(長野県 女性 50代)

立ち位置から梢を通して宇宙の広がりが素晴らしい。五感を通して心の中まで凍み入りそうだ(しかも木版画とは)(京都府 男性 60代)

見上げた感じが思い出と重なって良かった。(新潟市 男性 60代)


4 銀河(F)
  1968   得票数:13票

砂漠か極北でしか見れない銀河、心が開放されて星の世界に広がっていくよう。有限な人間の無限性を信じられる気がする。(十日町市 女性 60代)

宇宙の広がり、たくさんの銀河系 そして目の前にある地球の水平線(海) 時間と空間の悠然と流れる誕生から死への命のつながり、過去、現在(瞬間)、未来を感じました。(長岡市 男性 50代)


5 星の森
  1971   得票数:12票

幻想的。ひきこまれるような感じでずっと見ていられる。(東京 女性 20代)

奥ゆきの深さに吸い込まれる感じ、良かった。(十日町市 女性 70歳以上)


5 夜明け
  1975   得票数:12票

どの作品もすばらしく感動しました。「夜明け」は木の重量感と枝木の伸びに生命力を感じました。色合いも題名にふさわしく、希望をもらった気持ちになりました。(上越市 女性 70歳以上)

水平線のあわい色づかいと青のコントラスト。堂々とした大木。みていると頑張ろうという気持ちになりました。(魚沼市 女性 50代)


7 青い一列
  1976   得票数:11票

細かく描き込まれた樹の姿と白い地平の対比が鮮やかで気に入っています。「一本の赤い木」も似た構図で好きですが、色は青が好き。(県内 男性 50代)


7 こぶし
  1977   得票数:11票
それぞれ素晴しい作品ばかりで圧倒されました。それでもやっぱりこの作品を探していました。早春の山にいきなり咲くこぶしには心惹かれ長い冬から解放される喜びを感じます。(十日町市 女性 70歳以上)


9 水
  1959   得票数:10票
自由さと奥行きを感じます。晩年の「樹」の作品にあらわれている人生への想いと、それを重ねる前の瑞々しさの両方が見えます。(県内 女性 40代)


9 王の樹
  1976   得票数:10票
心ひかれるものは沢山あり、一つを選ぶのはむずかしいのですが… 堂々たる存在感に圧倒されます。背景のおさえた金が、とても心地良いです。(新潟市 女性 70歳以上)


11 樹(赤)
  1974   得票数:9票
燃えたぎるエネルギーを感じ心が動かされます。前へ進む力をもらいました。(長岡市 女性 50代)


12 森に棲む月
  1970   得票数:8票
じ~っと見ていると、何かが出てきそうな凄みを感じる。(長岡市 男性 70歳以上)


12 月(A)
  1975   得票数:8票
銀色の空にぽっかりと大きな月が浮かんでいるのがとても幻想的で美しいので。でもひとつだけ選ぶのは難しかった。(弥彦村 女性 40代)


14 銀河ラプソディ
  1970   得票数:7票
冬の夜空を見上げているような広がりを感じます。(県内 女性 60代)


14 白い林
  1971   得票数:7票
色あいが好き。夢の中で見たようなどこか懐かしく、恐ろしい感じがする。(津南町 女性 20代)


14 霧
  1975   得票数:7票
真下から枝を見上げて、どんな景色があるか。この林の黒部分に入り込むのは怖いが、興味が湧いた。(長岡市 男性 20代)

ご協力いただいた皆さまありがとうございました。

2019年 6月7日(金)~7月28日(日)


《はにわの少女》スノリア飾り皿・星襄一《(蝶)》スノリア飾り絵・
《(獅子)》スノリア飾り皿 1960年代

没後40年 星襄一 もうひとつの挑戦

十日町発 “スノリア” 工芸の行方

昭和30~40年代、織物の産地・十日町市の人々は星襄一と深い親交を持ちました。そして、その時代に作り出されたスノリア(合成樹脂による工芸的作品)には、星もデザイナーとして携わりました。本展では、版画作品と合わせて、星の十日町での足跡を展覧いたします。

ギャラリートーク

工芸品「スノリア」製品誕生



6月15日、古川久さんのギャラリートークを開催いたしました。星襄一との出会いから「スノリア」が生まれ、星のアイディアを具現化する技術者としての古川さんが分かち合われたご苦労そして喜びを語っていただきました。それぞれの作品に合う質感を出すために、異なる手法を開発していく姿勢は星の版画制作に通じるものがありました。
古川さん、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
  

2019年 8月2日(金)~10月6日(日)


左から時計回り:
宮城島隆夫《ふたり》2006、冨長敦也《座る人物》2001、
佐藤正和重孝《タランドゥスオオツヤクワガタ》2007
写真提供=十日町石彫シンポジウム実行委員会

十日町石彫プロムナードの作家たち2019

【同時開催】

刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界

「十日町石彫シンポジウム」に参加され、市内に作品が設置されている作家を紹介するシリーズ展。
本展では、宮城島隆夫(1949-)、冨長敦也(1961-)、佐藤正和重孝(1973-)の3名の作家の作品を展覧いたします。
 

十日町石彫プロムナードの作家たち2019

石彫作家ギャラリートーク




8月17日、暑いなかたくさんの方々にお集まりいただきました。
ありがとうございました!

大野義光 刀《於越後國義光作之/平成三年春吉祥日/自灯庵仙琇彫之》1991
小展示室では、新潟市(旧 黒埼町)出身の刀工・大野義光(1948-)の個展を開催いたします。大野師は鎌倉時代中期の備前国一文字派の太刀を理想として研究を重ね、現代最高峰といわれる華やかな重花丁子の刃文を完成させました。師の近作を中心に展覧いたします。

刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界

大野義光刀匠ギャラリートーク


8月3日のギャラリートーク風景

それぞれの作品のねらいや刀身彫刻、拵についてなど大野刀匠の
作品解説は多岐にわたり、両日ともたくさんのお客様が熱心に耳
を傾けていらっしゃいました。暑いなかありがとうございました!

Love Stone Project ー Tokamachi

今回「十日町石彫プロムナードの作家たち」展にご出品くださる彫刻家 冨長敦也さんの取り組み「Love Stone Project」を開催いたします。世界各地を訪れる冨長さんがその地で出会う人々とハートの形の石を磨くこのプロジェクトは、これまでに150か所で開催されおよそ2万人が参加しています。この夏、一緒に石を磨きませんか?
Love Stone Project ー Tokamachi
期 間  2019年 8月2日(金)~10月6日(日)
 ※火曜日を除く
会 場  星と森の詩美術館 テラス
 ※参加費無料
時 間  9時30分~16時30分
  

2019年 10月11日(金)~11月30日(土)


エドゥガル・カノ 《 Cajita de Dulces(candy box)》
2012 メキシコ産大理石によるリトグラフ 50x60㎝

稔りゆく自然、移りゆくアート

ー 日本とメキシコ版画交流 ー

主催:日本大学芸術学部、星と森の詩美術館
後援:在日メキシコ大使館  協力:La Ceiba Grafíca
メキシコの版画工房の協力のもとメキシコの現代版画と、「大地、空気、色彩」をテーマに制作された日本大学芸術学部美術学科の教員・卒業生の版画作品とを合わせて展示し、版画作品を通してメキシコとの美術交流を行います。
稔りゆく秋を背景に、現代のメキシコ版画と日本版画との競演をぜひお楽しみください。

《日本とメキシコ版画交流》ギャラリートーク


10月26日 ギャラリートークの様子

版画技法の説明では、メキシコでリトグラフ制作に使われるメキシコ産大理石や、日本の浮世絵にも使われる木版画の版木に触っていただき、参加された4人の作家さんにはそれぞれの出品作についてお話しいただきました。お集まりいただいた皆さんも熱心に耳を傾けてくださいまして、ありがとうございました。

ワークショップ《稔りゆく自然を版画にする》


10月27日 ワークショップ風景

小さなお子さんから大人の皆さんまで等しく初心者。そんな和気あいあいのなか時間が経つのも忘れて皆さん夢中になって“自分だけの秋”を作りました。少し肌寒いなかお集まりくださいまして、ありがとうございました。
  

冬期休館
2019年 12月1日(日)~2020年 3月31日(火)